舗装工事に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった

道路舗装のスペシャリスト集団に同行

道路の舗装工事を行なっている会社の施工模様に密着。とある工場内の舗装工事の現場に同行、体験取材させてもらいました。

取材に協力してくれた清和建設は、8割を受託仕事としていて、なかでも道路の舗装工事を主軸とした事業を展開しています。いわば道路舗装のスペシャリスト集団です。

その模様をお届けします。

当日午前7時から始動

舗装工事の体験者

午前7時。吐けば白い息も出る気温(取材は冬場に行いました)のなか、清和建設にやってきました。普段なら寝ている時間ですが、現場仕事は朝が早いのですね。

事務所での舗装工事の職人

事務所には、すでに強面の男たちが集まっていました。芸能人のドッキリに出てくるような展開でちょっと怖い。今日の現場の作業を確認しているようです。

機材を積み込む舗装工事の職人

確認を終えると、今日の工事の作業に必要な機材の積み込みがはじまります。使う機材の確認をしながら、手際よく積み込みます。

舗装工事の機材
舗装工事の機材等が積み込まれたトラック

積み込みを終えると、すぐに工事の現場へ向かいます。トラックに乗れる人数が限られているので乗り合いで向かいます。

舗装工事の職人が現場へ出発

現場到着!いよいよ男の仕事がはじまる

舗装工事の体験者が現場に到着

午前8時30分。今日の工事現場に到着しました。今回は、道路舗装といっても、とある工場内部の道路舗装です。

舗装工事の現場

この工場では、フォークリフトを使って資材輸送をしているのですが、道路に歪みとひび割れがおきてしまい、フォークリフトで運ぶ資材の落下の危険性が出てきたため、段差をなくす舗装を依頼してきたそうです。

舗装工事会社の高木清さんと体験者

今回の工事現場を案内してくれる高木清さんです。高木さんは、舗装工事歴12年のベテラン職人です。この日の舗装工事の主な仕事の流れは、以下の通り。この中で下地となる砂利を敷く作業と、アスファルト合剤を流しならす作業を体験させていただきます。

  • 舗装する部分をカッターで切る
  • アスファルトを剥がず
  • 下地となる砂利を敷く
  • アスファルト合材を流しならす
  • 上からローラーで固める

仕事開始

舗装工事の現場で指示を出す監督

午前9:00。現場監督からの作業確認と事故が起きないよう注意事項を確認したのち、いよいよ工事がはじまります。

舗装工事がスタート

まずは、舗装する部分のアスファルトにラインをつけます。これはのちに作業するアスファルトカッターという機械でアスファルトを切るためのラインを作っています。

舗装工事でアスファルトカッターを使う職人

こちらがアスファルトカッター。

舗装工事でアスファルトカッターを使う職人

思いっきりエンジンをかけます。

舗装工事でアスファルトカッターを使う職人

このようにラインに沿ってアスファルトを切っていきます。

舗装工事のアスファルトカッター

アスファルトカッターの刃は、ダイヤモンドが配合されていて頑丈なつくりになっています。

舗装工事で作業する職人

一人はしっかりとライン通りに切れているかを確認しながら、仕事を進めます。アスファルトは約5センチほどの厚さを保つのが平均だそうで、5センチ幅で切断していきます。

舗装工事の様子を眺める体験者

私は、砂利を敷き詰めるまで作業がないので彼らを見守るだけです。

アスファルトカッターで切ったアスファルトを剥がす舗装職人

カッターで開けた切れ目にスコップを入れて剥がしていきます。これがコンクリートであると硬いらしく、苦労するらしいです。アスファルトの場合は、比較的柔らかくチョコレートの板のように剥がれます。

アスファルトを剥がした跡

このように10センチほどの切れ目を入れることで、油圧ショベルで剥がしやすいようにします。このようなやり方は道路舗装工事の基本だそうです。

アスファルトを油圧ショベルで剥がす様子

わずか10センチの幅さえあれば、簡単に油圧ショベルで剥がすことができます。

剥がしたアスファルトをトラックに積む

剥がしたものを油圧ショベルへ入れ、それらをトラックへと詰め込みます。

剥がしたアスファルトをトラックに積む

ひとつずつ手作業でやると手間がかかるので、油圧ショベルで一括でやる効率化も現場ならではのアイデアなのでしょう。

大きなアスファルトを油圧ショベルで剥がす

まるで板チョコのように剥がれていきます。

大きなアスファルトを油圧ショベルで剥がす

こうしてどんどんと手際よくアスファルトを剥がしていきます。

剥がしたアスファルトはリサイクルされ、再生アスファルト合材として使われていきます。通常の道路舗装工事や今回の現場で使用するアスファルトは、「バージン合材」という新品を使います。

アスファルトの細かい部分を手仕事で剥がす舗装工事職人

切れ目が甘いとこのように角が残るようです。角もしっかりと鋭角に切るため、剥がれきれない部分は手仕事で剥がします。

アスファルトを剥がし終えた舗装工事現場

キレイに古いアスファルトが剥がれました。

さて、賢明な読者さんならもうお気づきかもしれませんが、筆者は今のところ何も手伝えていません。


詳しくはこちらをクリック