協力業者を募集する文章作成における絶妙なさじ加減!!マッチング成功例に学ぶ

はじめに

本記事は、あるクラフトバンク会員のマッチング成功事例とその人物が考えた施策、そうした理由などを基に構成しています。「建設業に従事するすべての人が以下に説明する通りで良い」ということではありません。現場や工事による違いは有り得ますということを、先に明言しておきます。それを踏まえた上で、以下に続く本記事を読んでもらえると助かります。

内容が細かく、長すぎるのはNG

長文NGのイメージ

「建設業の人たちはあまり、活字情報を読みたがらない」(以下、同一人物の談話)と話すクラフトバンク会員のAさん。「あまりに長すぎると、ページを閉じてしまったり、『戻る』を押されてしまいます」とも。こう語るのは、クラフトバンクのマッチングサービスを利用し、協力業者と何度もつながることができた会員である皆さんの仲間です。

その理由とは?

「職人さんは会って話を聞いた方が早いと考えている」からだとクラフトバンク会員のAさんは言います。実際に協力業者を募集する上で、そこだけで完結するような募集要項を書こうとすると「とてつもなく長くなる」そうで、それだと見てもらえない。だからこそ、どうやったら多くの人に見てもらえるのかは「結構悩んで」書いたそうです。

ぶっきら棒すぎてもNG

必要最低限の情報に限定して、簡素に書いてしまえばいいのか、と言えばそうでもないと会員のAさんは言います。曰く「ぶっきら棒に用件だけ書いている案件も見かけましたけど、あれだと職人さんは読もうと思わないだろうな」とも。なぜなら、「神様、業者様」とまでは言いませんが、礼節などを重んじるところが職人にはあるからだそうです。

「気さくに、でも失礼にならず」な書き方で成功

マッチング成功のイメージ

結局のところ、クラフトバンク会員のAさんが取った書き方というのが「気さくな雰囲気だけど、失礼にはならない」ような書き方にしたと言います。『みんな現場へウェルカム』な感じを醸し、わざわざリンクをクリックして詳細まで見ない人も多いかもしれないという予測のもと、伝えたい部分は大きい文字で表示されるタイトルに含めたそうです。

参考事例として考えてほしい

ここまで述べてきた内容は、クラフトバンクで実際に協力業者を募集して無事に職人とつながり、工事を完工することができた会員Aさんの成功事例にすぎません。お願いする工事の内容や職種によってもそれを見る人のタイプも違う可能性があるので、真似して必ず職人とマッチングできるとは限りません。ですが、施策として試してみる価値は多いにあります。ご参考まで。


詳しくはこちらをクリック